自分の趣味に気づいた日

ひとり街歩き
スポンサーリンク

漫画ブログだけじゃなく、こっちの写真と文章だけの地味なブログも読んで下さってるみなさま、ありがとうございます。

最近こちらのブログに書いている「住みたい街探し」の執拗な文章を読んで、薄々お気づきの読者さんもおられるかもしれないが、私は街歩きが趣味である。特に下町と言われる街、もしくは下町ではないけどそれっぽい雰囲気がある街が好みだ。

住みたい街探しって何?って方はこちら↓

住みたい街探し第1回はこちら↓

下町的な街には古い建物が残っていることが多く、書籍『ひとりぐらしも神レベル』でもしつこくねっとり描いたのだが、古い街並みが好きな私は大興奮してしまうのだ。でも下町の歴史に詳しいとか、こだわりがあるとかではなく、古けりゃ江戸でも大正でも昭和でもいいというレトロビッチだ。

無趣味に悩んでいた日々

自分は街歩きが趣味なのだと気づいたのは、半年くらい前である。
それまでずっと「子供の頃から絵を描くのが趣味だったけど、仕事にしてしまったことにより、趣味がなくなってしまった」と思っていた。絵を描くことが仕事で、趣味も同じという人もたくさんいるが、私は仕事で丸一日描いた後に息抜きで絵を描くということができないのだ、特に年をとってからは。描きたい気持ちは多少はあるが単純に体力がなく、仕事の後は目、肩、腰が爆発し、集中力も死ぬからだ。

それでずっと「息抜きになって体に良い趣味が欲しい」と言い続けていた。実に10年以上。周りにも相談して、いろいろおすすめしてもらったのだが、どれも続かず。

実はそれよりもずっと前から、なんでもない街を歩き回るのは好きだったが、

「なんだか、お店があって、人がまあまあ歩いてるような所をただ歩くととても楽しく気持ちがスッキリする」
「なにこれ不思議」

としか思っていなかった。

スポンサーリンク

自分の趣味に気づいた日

趣味がない、という悩みを持ち続けていた去年、何かの本を読んでいて「街歩き」という言葉に出会い、雷に打たれた。確か、誰かが趣味として挙げていたのだ。

「街歩き」って言葉があるんだ!?
そんでそれ、趣味として挙げていいんだ!?

いや、それまでもその言葉は目にしてるはずなのだが、名詞として捉えていなかったというか。そして歩く系の趣味は「散歩」オンリーだと思っていた。でも「散歩」はしっくりこなかった。歩くこと自体がメインのイメージだからだと思う。

それで、amazonで「街歩き」で検索したら、出るわ出るわ、自分の好きな方向の本が。

私の趣味…街歩きだったんだ…!!

今までは休みがあっても

「なんだかどこかを歩きたい気分だけど、何だろうこの気持ち、変なの…でも別に、目的地があるわけじゃないからなあ…それよりあっちに用事があるから行かなきゃ


と用事優先で予定を決めてしまっていた。しかし、「趣味:街歩き」と認識してからは

「私の趣味は街歩き!今日はどこの街に行こう、私の好きそうな街を調べて…よし今日はここ!」

といった行動が取れるようになったんですよ!

「名前を与える」ってこんなに重要なことなのか…!

いやーびっくりした。休日の使い方が変わったら、多分人生が変わってしまうよ。しかし今まで「街歩き」って言葉を認識できなかったのはなぜだ、湯婆婆に奪われてたのか。そんな言葉奪ってどうするんだ、人々から奪った全ての「街歩き」を地井武男一人に与えていたのか。武男だって「 そんなにいらない。だめよ、ひとつでいいの。」って言うよ。

前置きがめっちゃ長くなったがそういう感じで、これからこのブログで趣味の街歩き(ドヤ顔)の記録や写真を載せていきたいなーと思う。街自体の魅力や、ただ歩くだけで楽しい街歩き自体の魅力が伝わったら嬉しい。あと、住む街探しの記事と併せて、引っ越し予定の人の参考になれたら、という気持ちもあったりする。参考になるようなまともな情報は少ないと思うが。

おまけ
フリーランスになりたてでまだ仕事が少なく、息抜きに絵を描く体力が残っていた頃の絵

女の子と動物と、変な植物を描くのが好きだった時期

中学生の頃の絵↓
今より上手くない…!?背景なんて多分下描きなしだこれ。今絶対描けない…!

さっそく、街歩き日記1回目をアップしました。↓

コメント

  1. 頓狂頓珍漢 より:

    レトロビッチ
    セルビア人みたい!(カマタ・ミワ・レトロビッチ)


    凄い…特に中学生の時に描かれた絵…目が…目が良い…見た後に満足感が残る…

    名前を与えるということ

    凄くよくわかるような気がします。
    なんだか否定的なコメントをあまりしていないので
    (理由は単純で 無いからです)
    太鼓持ちみたいに思われるかもしれませんが…凄く共感しました。

    なんというかこう…
    名前を与える → イメージが輸入される → 曖昧なオリジナルイメージと重ね合せる → コトの性質がよりハッキリとわかる → 指針が明確になる(自分の押すべきツボがわかる) → 実行→楽しさ幸せ大爆発!これが欲しかったんだ!求めていくべきなんだ!
    (輸入物とオリジナルのギャップからくる不満は 自分流の楽しみ方 つまり 新しいオリジナルイメージの構築 で解決!)
    って感じでしょうか (違っていたらすみません)
    別の言い方なら…伝わるかどうか疑問ですが…
    念動力で動かせる煙を凝縮 焼結、ハンマーを作り 岩をガンガン叩くような感じでしょうか…岩に吹きつけるしかなかったのが ガシガシと手応えを感じて楽しいって感じでしょうか…(さらに違うような気がしてきた)

    散歩って歩きがメインで 歩き散らかしてるみたいだからなのか たしかにちょっと違うように思います 私は少し散漫な印象を受け あまり高揚を感じません
    街歩きの方が 街の字のおかげで、街を探険して良いような気がしてきて楽しいです

    街歩きの記事 これまでも面白かったですし、すごく楽しみです。
    絶対 自分が実際行った時 読んだか否かで土地への親しみ感が違うと思います。親しみがあれば拾える魅力、旅の楽しさ、移住の可能性も変わってくると考えます。
    というか第一読んでて楽しいです。
    目の付け所だったり、ギャグとか言葉のセンスだったりが類い稀で、もう大好きなんですよ!!なんかもうね! こう! 凄く良いんですよ!
    (昔 友人に似たようなこと言ったら しばらく話し方が変になってました…意識させてしまったんだと思います どうかカマタさんはお気になさらずに…一度どうしても伝えたかったもんで…)

    色々と煩く申し上げましたが
    普段凄くお忙しくしてらっしゃるのだろうとと存じます。
    どうか御無理はなさらずに… お体を大事になさってください。

    いつもよりさらに長文になったような気がします。すみません。
    それでは…また…

  2. 頓狂頓珍漢 より:

    二度目の投稿ですが
    記事に関係が無い上 つくづく激しくどうでもいいことを申し上げます。
    今調べたところ
    名前の「〜ビッチ」って「〜の(男の)子」って意味らしいですね
    (つまりレトロビッチはレトロの息子)
    カマタさんにはあてはまりません。
    名前が原因でアメリカあたりでもめ事が起きてないかと思いましたが
    やっぱり違いました。
    (暗殺教室は間違っているのだろうか?)

  3. まー より:

    趣味があるってとても大切なことですよね(^^)
    私も仕事とかでストレスが溜まった時、カラオケ行ったり、好きな物食べたりして発散してます(笑)

    カマタさんのブログや漫画を読むのも私の趣味の一つです
    これからも楽しみに読ませていただきます!!
     

  4. たまお より:

    はじめてコメントします!
    中学生の時のイラスト、凄く上手です!
    間違えてたらすみませんなんですが、このイラスト
    「ぼくの地球を守って」の小林輪くんですか?
    背景の植物とか水?のイメージっぽいとことかも世界観近いので、
    もしやと思い、、、確認してしまいました。(自分も中学生の時にドはまりしてたもんで。)
    なにそれ?知らん!でしたらお手すきの時にでもググってみてください。
    そして街歩きについてなにも触れていないコメントでごめんなさい!
    ブログ毎回楽しく読ませていただいております〜!

  5. かな より:

    カマタさんのおかげで私も街歩きが趣味だったんだと初めて気づきました!そして私もレトロビッチです。最近は昔の個人サイトとかインターネットの中のレトロ探しにもハマってます。笑 ショムニのファンページが気合い入っているのでぜひ見て欲しいです。

    街歩きブログもこれから楽しみにしてます!